水防協|スプリンクラー|家庭用|住宅用|特定施設

スプリンクラーを導入するってどういうこと?

まだ日本では馴染みが薄いスプリンクラーですが、スプリンクラーは大変優秀な防火設備です。

 

煙と火を抑える!避難時間の確保!

火災による死因の大部分が煙による一酸化炭素中毒です。スプリンクラーが作動すると、放水された水により火は勿論、煙も抑えることが出来ます。これにより、より安全な避難経路や避難時間の確保が可能です。

 

常時は配管に水が入ってない!

従来品は配管内に常に水が満たされていますが、水防協のスプリンクラーシステムは通常時は配管内は空のため、もし地震が起きても水漏れせず、寒波がきても凍結の恐れもなく安心です。また水の流れる音(流水音)もしないため静かです。

 

火災がおきた部屋のみ放水!

スプリンクラーヘッドは閉鎖型を利用していますので、火災の発生した部屋のみ放水が開始され、総ての部屋が水びたしになることはありません。また誤動作をしても、室温が72℃にならない限り放水されないため安心です。

 

ポンプやタンクの機械設備不要!

水防協のスプリンクラー設備は、水道管より直接連結しているため貯水槽やポンプ設備が不要です。そのためポンプや貯水槽を設置する場所を確保する必要がありません。
※水源・水圧の確保が困難な場所では、貯水槽・ポンプとの併用も可能です。

 

バッテリー内蔵!

水防協のスプリンクラー設備は日本消防検定協会の性能鑑定を受けた製品です。バッテリー内蔵のため停電時も作動します。